綺麗な庭になる玉砂利は防犯効果も期待できる【安心して暮らす方法】

庭を美しく飾るアイテム

鍵と家

和洋を問わず利用可能

ガーデニングはもはや一過性のブームを越えた大人の趣味として定着していますが、そうした中で改めてその魅力がクローズアップされているのが、玉砂利です。玉砂利は、その名の通り玉のように丸みを帯びた砂利です。通常の砂利よりもややサイズが大きいのが特徴です。もともと玉砂利は伝統的な日本庭園を造る際に用いられていきました。しかし玉砂利の敷き詰められた地面には独特の美しさがあり、洋風の景観ともよく調和することから、最近ではガーデニングに欠かせないアイテムの1つとして広く利用されています。造園に用いられる玉砂利は、かつては河原などで手拾いしたものが使われていましたが、現在は破砕した石を人工的に丸くしたものが主流です。資源保護のため自然からの採取が禁止されている地域もあるため、気をつける必要があります。

雑草を生やさない効果も

ガーデニングに玉砂利を利用する最大の目的は、言うまでもなく景観を整えるためです。清潔感あふれる白、落ち着いた佇まいの灰色、スタイリッシュな黒など、好みに合わせてさまざまなバリエーションを楽しむことができます。その一方で、玉砂利には他の用途もあります。その1つは、地面に玉砂利を敷き詰めることで、雑草の繁茂を抑えることです。門から玄関までの動線などに利用することで、見た目の美しさと歩きやすさを同時に実現します。また、防犯目的に使われることもあります。これは防犯砂利と呼ばれる特殊な玉砂利で、ガラスを高温で熱して中を空洞にしたものです。上を歩くと非常に大きな音がするため、侵入者を検知するのに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加